期待値の応用

既に期待値の話をしましたが、今回のテーマはその応用のお話しです。

前回、競馬の期待値は以下で計算でき、勝率かオッズを上げることが重要お話ししました。
『期待値 = 100円×平均勝率(1着になる確率)×平均オッズ』

実は、勝率とオッズの他にもう1点変更可能なものが存在します。
上記の計算式では100円に固定しているかけ金です。

勝率によってこれらの金額を使い分けることで、回収率の底上げを図ります。
つまり、『"自信"のない時は少なくかけ、"自信"がある時は多くかける』ということです。

単純化するためにシンプルな例を示すと、以下になります。
-------------------------------------------------------------------------------
かけ金を50円、100円、150円の3段階にできると仮定し、
"自信"が小の時は50円、中の時は100円、大の時は150円をかけます。
前回、私は勝率20%、オッズ5倍以上を目標としているとお話しましたので、
かけ金が100円の時、"自信"は普通なので、この勝率(20%)とオッズ(5倍)。
50円の時は、"自信"がないので、勝率は下がり(10%)、オッズは同等(5倍)。
150円の時は、"自信"があるので、勝率は上がり(30%)、オッズは同等(5倍)。
このような仮定でシュミレーションすると、結果は以下になります。

((50円×0.1×5) + (100円×0.2×5) + (150円×0.3×5)) ÷ 3 ≒ 117円  
※平均100円のかけ金で117円儲けることができ、回収率は117%となります。
---------------------------------------------------------------------------------

この例からもわかる通り、"自信"によりかけ金を変更することで勝ちやすくなるのです。
前提として、"自信"という不確実なファクターをどう考えるかがポイントとなります。
"自信"をどう考えるかは、このブログの私の"競馬予想"の中で示していきます。
今回、大切なこととして強調したいのは『かけ金をレース毎に変える』ことです

私は、以前はGⅠでは厚く他の重賞は薄くかけるという根拠なき買い方をしていました。
これを"自信"に応じた買い方に変更し、"自信"のない時は"見"(買わない)という選択肢をもったことで大きく回収率が向上しました。

回収率アップの参考になれば幸いです。

タグをクリックしてもらえると嬉しいです!

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

大武ジン

Author:大武ジン
・競馬歴20年
・15年間養分・・・
・ここ5年は回収率100%越え
・好きな馬はグラスワンダー
・基本は中穴、単勝1点狙い

 

応援よろしくお願いします。



【公式】大武ジンLINE

※LINE限定情報を公開中

【免責事項】当ブログに掲載された内容によって生じた、トラブル・損害等の一切の責任を負いかねますので、予めご了承ください。

FC2カウンター