2020.02.09 東京11R 東京新聞杯(GⅢ)、京都11R きさらぎ賞(GⅢ)

2020.02.09 東京新聞杯(GⅢ)、きさらぎ賞(GⅢ)予想


◎東京新聞杯の本命馬(以下のサイトで公開)


◎きさらぎ賞の本命馬(以下のサイトで公開)



以下に大武ジンの俺プロ予想のリンクをはっておきます。
フォローすると、重賞以外の予想も見れます。
【大武ジンの俺プロ予想リンク】リンク

先週も根岸Sで9番人気のスマートアヴァロンの複勝を見事的中!シルクロードSは勝利したアウィルアウェイを絶好の狙い目と記載しただけに悔しい思いはしたが、四位騎手も直線待たされなければ勝っていたとコメントした2着エイティーンガールを推奨することはできたし、まーいいところまで予想はきていた。ただ、勝負事は結果が全て、今週は2重賞ともに的中したい。


まずは東京新聞杯。過去の勝馬にはリスグラシューやインディチャンプなどもおり、毎年、本当に良いメンバが揃う楽しみなレース。今年も過去GⅠでも本命にしてきた馬が3頭出走。


まずは、その3頭の評価から。3頭とは、プリモシーンサトノアーサーシャドウディーヴァ。特にダービーでも本命にしたサトノアーサーは思い入れも深い。ただ最近の凡走で大きく人気を落とすと考えていた、サトノアーサープリモシーンのオッズは案外人気の10倍以下、これでは配当妙味が低い。シャドウディーヴァは初の1600mでさすがに距離が短すぎる。


次に、普通に考えれば、ルメール騎手が数ある持ち馬の中から選択したレッドヴェイロンが最も勝利に近い馬だろう。前走のキャピタルステークスはスタートで不利があり、最後の直線でも前が壁、それでも2着は実力の証。ただ、これだけのメンバに入って重賞未勝利馬のオッズが3倍台では、さすがに配当妙味が低すぎる。


続いて、馬場の傾向からの予想。本日、同舞台の東京11R 節分Sで勝利したウーリリがわかりやすいが、今の府中は内枠・先行馬がとにかく有利。そのイメージに最も近いのが、ヴァンドギャルド。勝っても全く不思議はないが、3勝クラスを勝ち上がったばかりでここで通用するか未知数な上に、勝ち上がってきたのは今回とは正反対の重馬場。早い時計に対応しきれない可能性もあり、配当妙味も低く評価を下げる。


結論だが、上記の節分Sで、展開不利をものともせず、後方待機から外差しで3着になった馬が1頭。その騎手が乗るのが今回の◎本命馬◎本命馬は、左回りを大の得意としており、夏バテと重馬場で実力を出し切れなかった前走・前々走を除くと、左回りの成績は(2,2,0,0)でパーフェクト連対。更に、その内1つはGⅠ。苦手の右回りでも、1kg重い斤量でヴァンドギャルドとタイム差なしだったレースもあり、まともに走れば相当の実力を秘める。それでいて、現状のオッズは9番人気で20倍越え、配当妙味が高く狙ってみたい。


もう1つの重賞は、きさらぎ賞。今の京都の時計のかかる馬場、少頭数のスローペースで直線用意ドンが濃厚。アルジャンナが断トツの1番人気となっているが、このレースは少頭数でも穴馬が結構上位にきている。キャリアの浅い若駒で単勝1倍台はリスクが高すぎる。


一方、◎本命馬は、芝のレースで2走以上して、すべて時計のかかる馬場で上り最速とこのレースにベストマッチ。前走は出遅れがなければ1着も十分あったレースで、もし2戦2勝で出走していれば、オッズは半分程度になっていたことを考えれば、配当妙味は高い。


◎本命馬の単勝・複勝

予想印は以下のサイトで公開中です。



小勝負、中勝負、大勝負の何れかは、以下LINEで公開予定。
予想に役立つ直前情報も不定期で配信します。 
【公式】大武ジンLINE
※LINE限定情報を公開中
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

大武ジン

Author:大武ジン
・競馬歴20年
・netkeiba.com 俺プロ最高段位レベル(馬士)
・好きな馬はグラスワンダー
・基本は中穴、単勝1点狙い

 

応援よろしくお願いします。



【公式】大武ジンLINE

※LINE限定情報を公開中

【免責事項】当ブログやLINEなどに掲載された内容によって生じた、トラブル・損害等の一切の責任を負いかねますので、予めご了承ください。

FC2カウンター