【月別勝率・回収率】2019年5月

応援クリック頂けると、モチベーションになります。
重賞の買い目を無料公開中です。




2019年5月の勝率・回収率は以下の通りです。

勝率:0% (8戦0勝) 
回収率:0%

大勝負(自信大):なし
中勝負(自信中):京都新聞杯(ブレイキングドーン)、ヴィクトリアマイル(アエロリット・プリモシーン)、オークス(クロノジェネシス・ビーチサンバ)、葵S(アウィルアウェイ)
小勝負(自信小):NHKマイル(カテドラル)、京王杯(ロードクエスト)、目黒記念(ムイトオブリガード)、ダービー(レッドジェネシス)

今月は的中なしでした

ただ、NHKマイルでは、◎カテドラル、〇アドマイヤマーズ、△ケイデンスコールとしていたので、「【最強】競馬ブログランキング」で公開している予想印は超大穴を的中。ブログのアクセス数だけは、ふだんの3倍以上ありましたw

しかし、単勝回収率130%を目標にするといいながら、今年はこれまでその半分程度の回収率。昨年の単勝回収率160%に対する期待値の収束にしてもひどすぎ。

昨年と同じスタイルで予想をしているつもりですが、何か違いはないかと考えてみたところ、一つ思い当たる節が。。。それは、この馬で負けたら仕方ないというぐらいの自信があるレースが昨年に比べて少ないということ。

今年で言うと、大阪杯のキセキだけです。自信をもって予想できたのは。まーはずれましたけどねw

これは、即ち、予想にかけている時間が少ないことを意味しています。その根本原因は、"ブログ2年目でモチベーション低下"、"プライベートの多忙"、"俺プロ予想に時間をさかれている" などいろいろなわけです。。。はい、全て言い訳ですw

”やるなら勝つ、勝てないならやらない” というのが自分のポリシーですので、1年トータルの回収率はプラスにもっていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【月別勝率・回収率】2019年4月

応援クリック頂けると、モチベーションになります。
重賞の買い目を無料公開中です。




2019年4月の勝率・回収率は以下の通りです。

勝率:14.3% (7戦1勝)  ※見:1回
回収率:85.7%

大勝負(自信大):なし
中勝負(自信中):桜花賞(ビーチサンバ)、アーリントンC(ヴァンドギャルド)、皐月賞(アドマイヤマーズ)、福島牝馬S(デンコウアンジュ)、フローラS(フォークテイル)、青葉賞(キタサンバルカン)、天皇賞(クリンチャー)
小勝負(自信小):なし
:マイラーズC(インディチャンプ)

今月の的中は、福島牝馬Sのデンコウアンジュのみでした。勝率14.3%、回収率85.7%ともにイマイチの結果となってしまいました。

当初、大勝負と考えていた桜花賞のグランアレグリアを前日の単勝オッズの低さから切ってしまったのが、結果的には大きな痛手でした。

ただ、3月と比較するとおしい予想も多く、だいぶ予想の歯車も噛み合ってきたように思いますので、5月はしっかり回収率を上げていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【月別勝率・回収率】2019年3月

応援クリック頂けると、モチベーションになります。
重賞の買い目を無料公開中です。


重賞の危険な人気馬を無料公開中です。


2019年3月の勝率・回収率は以下の通りです。

勝率:0% (14戦0勝)  ※見:1回
回収率:0%

大勝負(自信大):大阪杯(キセキ)
中勝負(自信中):オーシャンS(ナックビーナス)、チューリップ賞(メイショウショウブ)、弥生賞(ニシノデイジー)、マーチS(テーオーエナジー)、フィリーズR(アウィルアウェイ)、フラワーC(エールヴォア)、スプリングS(シークレットラン)、日経賞(ルックトゥワイス)、毎日杯(ヴァンドギャルド)、高松宮記念(ロジクライ)
小勝負(自信小):中山牝馬S(アドマイヤリード)、金鯱賞(ギベオン)、ファルコンS(ヴァッシュモン)、阪神大賞典(ヴォージュ)
:マーチS(テーオーエナジー)

3月はこのブログ始まって以来の的中ゼロという結果になりました。調べたところ、ここ10年でも1ヶ月の最大負け額を更新するという惨憺たる結果で完全に競馬イップスの時期でしたw

勝負した馬も4コーナー回った時点でノーチャンスということが多く、かすりもしない予想ばかりでした。なぜこんなことになってしまったのか。3つの理由から考察したいと思います。

理由1:馬場・展開が読み切れていない
結果を見ると、前残りが多かったにもかかわらず、自分が勝負した馬は差し馬ばかり。全く馬場・展開を読み切れていなかったことが敗因と思います。

理由2:予想にかける時間が少ない
多忙で予想にかける時間が少ないにも関わらず、ほとんどの重賞レースを"見"とせずに勝負してしまいました。多忙な場合はレースを絞って予想することで、かける時間と予想精度を上げる必要があると思いました。

理由3:大勝負が不的中
自分の傾斜をつけた予想スタイルでは、大勝負を的中することが最も重要です。3月も14戦していますが、もし大勝負した大阪杯のキセキが1着であれば回収率はプラスでした(まさか内からアルアインに差されるとは・・・)。

総合すると、各馬の勝率を読み違えていることが敗因と考えます。特に外国人騎手が乗る馬が1番人気の時に勝率を引き下げて考え、穴馬の勝率を過剰に引き上げてしまっていることが反省点です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【月別勝率・回収率】2019年2月

応援クリック頂けると、モチベーションになります。
重賞の買い目を無料公開中です。


重賞の危険な人気馬を無料公開中です。


2019年2月の勝率・回収率は以下の通りです。

勝率:27.3% (11戦3勝)  ※見:0回
回収率:84.3%

大勝負(自信大):なし
中勝負(自信中):共同通信杯(ダノンキングリー)、京都記念(タイムフライヤー)、クイーンC(クロノジェネシス)、中山記念(ステルヴィオ)、フェブラリーS(ゴールドドリーム)、京都牝馬S(ミスパンテール)
小勝負(自信小):東京新聞杯(インディチャンプ)、きさらぎ賞(アガラス)、阪急杯(ダイアナヘイロー)、ダイヤモンドS(グローブシアター)、小倉大賞典(マウントゴールド)
:なし

今月の的中は、東京新聞杯のインディチャンプ、共同通信杯のダノンキングリー、クイーンCクロノジェネシスの3頭でした。勝率27.3%、回収率も84.3%ともにイマイチの結果となってしまいました。

今月は、レースの絞込みがたりませんでした。それは中勝負の多さと"見"が一度もないことにもあらわれています。特に月の後半は連敗が続き、配当妙味が低いところで勝負して、しかも外れるという悪循環でした。

振り返ってみると、特に月の後半は、これだと思える馬がいないのにも関わらず勝負にでてしまったように思います。来月からは今月の反省を活かし、勝負レースの絞り込み精度をより高めていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【月別勝率・回収率】2019年1月

応援クリック頂けると、モチベーションになります。
重賞の買い目を無料公開中です。


重賞の危険な人気馬を無料公開中です。


2019年1月の勝率・回収率は以下の通りです。

勝率:30.0% (10戦3勝)  ※見:1回
回収率:133.3%

大勝負(自信大):なし
中勝負(自信中)京都金杯(パクスアメリカーナ)、日経新春杯(ルックトゥワイス)、愛知杯(ウラヌスチャーム)、
小勝負(自信小):中山金杯(タイムフライヤー)、シンザン記念(ハッピーアワー)、フェアリーS(フィリアプーラ)京成杯(ラストドラフト)、AJCC(ダンピュライト)、東海S(スマハマ)、シルクロードS(ナインテイルズ)
:根岸S(ユラノト)

今月の的中は、京都金杯のパクスアメリカーナとフェアリーSのフィリアプーラ京成杯のラストドラフトの3頭でした。勝率30.0%(見1回除く)は、まずまずの結果でした。回収率も133%と目標としている130%を超えることができました。

今月は、月の前半の調子がよく、後半は少し油断してしまった部分がありました。中勝負は、1着、2着、4着とかなり精度よく絞れたのですが、小勝負の中で本来は"見"とすべきレースが複数ありました。

一つの理由としては、予想時のオッズと直前のオッズが大きく乖離してしまうことがあります。予想時のオッズと比較して直前のオッズが大きく下がってしまった場合は、しっかりと"見"にすることが、回収率の向上に繋がると考えています。

今後は、オッズが○○以下なら"見"ということを明確にして予想を公開したいと思います。

プロフィール

大武ジン

Author:大武ジン
・競馬歴20年
・15年間養分・・・
・ここ5年は回収率100%越え
・好きな馬はグラスワンダー
・基本は中穴、単勝1点狙い

 

応援よろしくお願いします。



【公式】大武ジンLINE

※LINE限定情報を公開中

【免責事項】当ブログに掲載された内容によって生じた、トラブル・損害等の一切の責任を負いかねますので、予めご了承ください。

FC2カウンター