2020.04.05 阪神11R 大阪杯(GⅠ)、2020.04.04 中山11R ダービー卿CT(GⅢ)

2020.04.05 大阪杯(GⅠ) 予想


◎大阪杯の本命馬(以下のサイトで公開)


◎ダービー卿CTの本命馬(以下のサイトで公開)



以下に大武ジンの俺プロ予想のリンクをはっておきます。
フォローすると、重賞以外の予想も見れます。
【大武ジンの俺プロ予想リンク】リンク

大阪杯予想
先週の高松宮記念の◎本命馬グランアレグリア。かなりの自信があり、大勝負にしようかとも考えたが、結果、届かずの2着。中勝負に留めて正解であった。ただ、正直、10回走ったら5回はグランアレグリアが勝ったレースであったと思う、展開がスローすぎた。

一方、少頭数にも関わらず、ほぼ全ての馬が勝っても驚けない、10回やったら10回結果が違いそうなのが、今回の大阪杯。予想は難解だ。

昨年は、キセキ◎本命馬に指名、相当の自信があり大勝負したが、アルアインに惜敗。なぜ、キセキは負けたのか。それは、位置取りの差にあったと考える。2着キセキ以外の上位馬は、1着アルアイン、3着ワグネリアン、4着マカヒキと全て、道中で最内枠を回ってきた馬であった。道中内側を通った馬はかなり有利であり、今年もその傾向は変わらないと考える。

そんな中、昨年、1番人気で外々を通り最終コーナーでも大外をぶん回す一番不利な競馬をし、それでも1着と0.3差であったのが今回の◎本命馬。実は一番強い競馬をしていた。今回は、絶好の枠を引き当て、当時より先行力もつけている。並び的にも、最内の2番手ぐらいを追走できそうな絶好枠、札幌記念のような競馬をしてくれれば、まず勝ち負けだろう。

更に、騎手との相性もよく、日本で走った時は、全て上り最速で1着。現時点で2番人気で思ったより配当妙味が低いのは気がかりだが、単勝オッズ5倍付近であれば、十分に狙える。

ダービー卿CT予想
このレースは東風Sをどう見るかがポイントとみる。1番人気であったジャンダルム、3番人気であった今回の◎本命馬とも、稍重の厳しいコースで、ハイペースを早仕掛けしてしまって最後は止まった。両馬とも斤量もこたえたのだろう。

それもあって、ジャンダルムはそれほど人気を落とさず、現在2番人気。一方で、◎本命馬は大きく人気を落とし、現在、13番人気。東風Sとは馬場状態も全く異なり、展開もスローと予想、また斤量も2kg減で出走馬の中で最軽量。先行して粘りこめればワンチャンありそうで、このオッズはおいしいと考えた。

◎本命馬の単勝・複勝

予想印は以下のサイトで公開中です。



小勝負、中勝負、大勝負の何れかは、以下LINEで公開予定。
予想に役立つ直前情報も不定期で配信します。 
【公式】大武ジンLINE
※LINE限定情報を公開中

2020.03.15 中京11R 金鯱賞(GⅡ)、阪神11R フィリーズレビュー(GⅡ)

2020.03.15 金鯱賞(GⅡ)、フィリーズR(GⅡ)予想


◎金鯱賞の本命馬(以下のサイトで公開)


◎フィリーズレビューの本命馬(以下のサイトで公開)



以下に大武ジンの俺プロ予想のリンクをはっておきます。
フォローすると、重賞以外の予想も見れます(特大馬券的中!!)。
【大武ジンの俺プロ予想リンク】リンク

先週のチューリップ賞は◎▲〇で的中!最強競馬ブログランキングの週間MVPとなった。2週連続のMVPを狙っていきたい!!
ブロガー予想


金鯱賞予想
昨年の超GⅠ級のメンバと比較すると今年は小粒。とはいえ、有馬記念2着のサートゥルナーリアが参戦したことで盛り上がりをみせ、1強ムードの単勝1.4倍。この馬は、負けるときは意外ともろい面もだしており、1.4倍ではさすがに手をだせない。左回りで勝ち星がないことも気がかり。

とすれば、昨年、あの超強力メンバの中でも本命にしたギベオンを本命にと当初は考えたが、金鯱賞は6着で、そこから一度も勝星がなく、近3走は掲示板にすらのれてないのでは、さすがに勝つイメージがわかない。

予想を考える際、重要な情報源となるのは前走の動画。見るポイントはいろいろとあるが、ポイントの一つが不利を受けていないかどうか。なぜなら、不利を受けて着順が悪くなった場合、次のレースのオッズが実力より下がる傾向にあり狙い目となるから。

今回の◎本命馬は、前走、故障した馬の影響をもろに受け、それでも3着。しかもこれまでのレースで上り最速を連発しまくっていたミッキースワローを差し切ってのもので価値は高い。まともなら、1,2着争いにからんでいただろう。

逆に、そのレースで本命にしたニシノデイジーは、負け方が不可解。ここできても不思議ではないが、敗因がはっきりしない以上は、今回は敗因がはっきりしている◎本命馬を上にとった。

フィリーズレビュー予想
金鯱賞と同じく、◎本命馬の前走は大きな不利があった。直線を向いても、前が壁。仕方なく、外に持ちだしたが、そこでまた左右から馬に挟まれる大きな不利。それでも、3着にきたのは勝負根性と実力の証しと考える。

新馬戦で今回と同距離・同コースを勝利しているのも心強い。ただ、それを言えば同距離・同コースをレコード勝利しているカリオストロも強烈なライバル。しかも鞍上の松山騎手が絶好調。オッズ次第では、自分にしては珍しい馬連・ワイドなども考えたい(買い目はLINEで配信予定)。


◎本命馬の単勝・複勝 +α?

予想印は以下のサイトで公開中です。



小勝負、中勝負、大勝負の何れかは、以下LINEで公開予定。
予想に役立つ直前情報も不定期で配信します。 
【公式】大武ジンLINE
※LINE限定情報を公開中

2020.03.14 中山11R 中山牝馬S(GⅢ)、ファルコンS(GⅢ)

2020.03.14 中山牝馬S(GⅢ)、ファルコンS(GⅢ)予想


◎中山牝馬Sの本命馬(以下のサイトで公開)


◎ファルコンSの本命馬(以下のサイトで公開)



以下に大武ジンの俺プロ予想のリンクをはっておきます。
フォローすると、重賞以外の予想も見れます(イップス中・・・)。
【大武ジンの俺プロ予想リンク】リンク

中山牝馬S予想
何度か本ブログでも記載しているが、穴を予想する際に注目するのは、人気より上の着順にきている馬かどうか。人気より上の着順が多いということは、過小評価されやすい馬ということだからだ。◎本命馬は何度か本命にして外しているが、基本的にほとんどが人気より走ってくれる大好きな馬。なんと、35戦して人気以上に走ったレースは28戦で、8割が人気以上に走る馬。

愛知杯での競馬から重馬場も問題なく、本レースで3着の実績もありコースも問題なし。軽ハンデかつ調教も動けており、36戦目での重賞初勝利を期待したい。

ファルコンS予想
◎本命馬は、朝日杯出走馬の中で再先着。しかもハイペースを逃げてのもので、中身は濃い。函館2歳Sを勝っていることからも距離短縮は当然プラス、重賞の同距離・左回りも経験して2着の実績あり。このレースはドンピシャの条件で、単勝5倍つくのであれば、馬券妙味がある。


◎本命馬の単勝・複勝

予想印は以下のサイトで公開中です。



小勝負、中勝負、大勝負の何れかは、以下LINEで公開予定。
予想に役立つ直前情報も不定期で配信します。 
【公式】大武ジンLINE
※LINE限定情報を公開中

2020.03.08 中山11R 弥生賞ディープインパクト記念(GⅡ)

2020.03.08 弥生賞ディープインパクト記念(GⅡ) 予想


先週は、今年初の大勝負としてLINEでも配信した◎ダノンキングリーが勝利!!そして、本日のチューリップ賞では、下記の最強競馬ブログランキングとLINE配信で本命に指名した◎マルターズディオサが1着!!!この調子で、弥生賞も的中させたい。


弥生賞の◎本命馬(以下のサイトで公開)




以下に大武ジンの俺プロ予想のリンクをはっておきます。
フォローすると、重賞以外の予想も見れます。
【大武ジンの俺プロ予想リンク】リンク


では、弥生賞の予想。サトノフラッグワーケアが抜けた人気。その後に続くのが、オーソリティブラックホールウインカーネリアンとなるだろう。結論から言うと、これらの馬は全て本命からはきりたい。


まずサトノフラッグは、連続で上り最速をだしているが、出遅れが心配な上に最内枠は明らかにむかない。重賞経験もなく、現状1倍台にせまる2倍台で、まさかのワーケアより人気では手をだせない。ディープインパクト記念とついた初めての年の弥生賞で唯一のディープインパクト産駒ということも、不当にオッズを引き上げていると思われる・・・


次にワーケア。ホープフルステークスでコントレイルに完敗。東京でこその馬で、中山がむいていない可能性がある。突き抜けてもまったく驚けないが、オッズ妙味も低く、評価を下げる。


オーソリティウインカーネリアンは、乗り替わりの上に来日したばかりの騎手と現時点の勝率が0.036の騎手。評価を下げたい。


ブラックホールは、ホープフルステークスで◎本命指名したほどの馬だが、さすがに負けすぎな上に負けた原因もよくわからないのでは、手が出せない。


とはいえ、ワーケアサトノフラッグの末脚は強烈。この2頭に勝つには、この2頭より前に行く馬しかいない。そして、もう一つの要素は天気。当日は雨予報で馬場が渋る可能性あり。前に行く馬で馬場悪化に強い馬を◎本命馬とした。◎本命馬の不良馬場での未勝利勝ちの競馬は、超楽勝(なんと2着に2.5秒差)、道悪になればなるほど勝率は上がると考える。重賞で穴をあけてくれる騎手であることも心強い(調べてみたら、昨年重賞を8人気、11人気、12人気の馬で3勝しているんですね。すごすぎる!!)


◎本命馬の単複

予想印は以下のサイトで公開中です。



小勝負、中勝負、大勝負の何れかは、以下LINEで公開予定。
予想に役立つ直前情報も不定期で配信します。 
【公式】大武ジンLINE
※LINE限定情報を公開中

2020.03.01 阪神11R 中山記念(GⅡ)、阪急杯(GⅢ)

2020.03.01 中山記念(GⅡ)、阪急杯(GⅢ)予想


◎中山記念の本命馬(以下のサイトで公開)


◎阪急杯の本命馬(以下のサイトで公開)



以下に大武ジンの俺プロ予想のリンクをはっておきます。
フォローすると、重賞以外の予想も見れます。
【大武ジンの俺プロ予想リンク】リンク

中山記念予想
GⅠ馬が5頭、これだけのメンバが揃って1頭以外全て騎手が乗り替わり、更に無観客、穴を狙っていきたいところだが、本命所とそれ以外の差がありすぎる。

本命所はオッズもあまり差がなく、消去法で絞りたい。ペルシアンナイトは今までも何度も本命にしているが、この馬は休み明けが苦手(0,0,0,4)、評価を落とす。インディチャンプは1600mがベストで1800mは(0,0,2,0)、評価を落とす。ウインブライトは、ずっと騎乗してきた松岡騎手からミナリク騎手に代わるのが気がかり、評価を落とす。

残ったのは、◎本命馬〇対抗馬。展開次第でどちらにもころびそうだが、海外帰りの馬の凡走は過去に何度もあり、〇対抗馬の評価を若干おとす。

阪急杯予想
こちらも大混戦。展開はかなりのスローと読んで、先行馬・自在性のある馬を上位に評価した。◎本命馬は、同条件の前走で出遅れてもグランアレグリアの2着を確保。阪神も(2,1,0,0)と大得意としており、展開・条件ともに、勝利の絶好機と考える。


◎本命馬の単勝・複勝

予想印は以下のサイトで公開中です。



小勝負、中勝負、大勝負の何れかは、以下LINEで公開予定。
予想に役立つ直前情報も不定期で配信します。 
【公式】大武ジンLINE
※LINE限定情報を公開中

プロフィール

大武ジン

Author:大武ジン
・競馬歴20年
・netkeiba.com 俺プロ最高段位レベル(馬士)
・好きな馬はグラスワンダー
・基本は中穴、単勝1点狙い

 

応援よろしくお願いします。



【公式】大武ジンLINE

※LINE限定情報を公開中

【免責事項】当ブログやLINEなどに掲載された内容によって生じた、トラブル・損害等の一切の責任を負いかねますので、予めご了承ください。

FC2カウンター